FC2ブログ

旭幼稚園の保育日記

長野県で最も歴史のある幼稚園、旭幼稚園の保育日記です。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新型インフルエンザ対策

5月21日 追記あり。

新聞やニュースでは連日、新型インフルエンザの報道がされていますね。

今は関西で猛威を振るっているようですが、長野はご開帳中で全国から人が押し寄せている状況ですよね。なのでいつ長野県内でも感染者が認定されてもおかしくないかも知れません。

そこで、厚生労働省がまとめた新型インフルエンザ対策の動画を紹介します。
これには咳やくしゃみで飛沫がどのように出ているかの実験や、マスクの有効性、正しい手の洗い方、症状のリストなどがわかりやすくまとめられています。
一度、参考に見てみるとよいと思います。

YouTube-私たちにもできる新型インフルエンザの身近な予防策

また、個人がまとめたものですが、対策マニュアルがあったのでそれも紹介します。
一読下さい。

新型インフルエンザ「A/H1N1」対策完全マニュアル

最近は薬局に行ってもマスクがあまり売ってないようです。
そこで、最後の手段としてマスクをキッチンペーパーで作る方法をご紹介します。
一応、病院のホームページで紹介されているものなので、ないよりは作ってでも装着したほうがよいのでしょうか?
ペーパータオルでマスクつくり

| 情報 | 12:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

学力と生活

幼児にとって「学び」は遊びの中から始まります。
「学び」と「学力」はまったく別物ですが、やはり勉強が出来ない子どもよりは出来るほうがよい、というのは多くの親の本音ではないでしょうか。

ベネッセの調査で興味深いものがありました。

『親の普段の行動と子どもの学力』の調査で、結果は日ごろから本(雑誌・漫画以外)をよく読む親の子どもは学力が高く、ワイドショーやバラエティー番組をよく見る親の子どもは学力が芳しくないというものです。

『親の普段の行動と子どもの学力』のニュース

もちろん、これがすべてではないですし、勉強が出来るだけでは豊かな人生を歩んでいく上ではあまり意味のないことかもしれません。
この調査の結果で考えてもらいたいのは、子どもはやはり親の姿をよく見て学んでいるということです。
以前勤めていた幼稚園の園長先生に「子どもを変えたかったら、その親を変えることが重要。子どもの周りの環境をよいものにしていくことが大切だ」とよく言われました。
これは「学力」だけのことではなく、言葉使い・態度・考え方など多くのものに当てはまるのです。

自分の子に何か問題があった時、子どもが悪いのか、それともそこにいたるまでの、ほかの何かに責任があるのか。
自身の行動を振り返って、見直すことが問題解決の近道になるかもしれませんね。

| 情報 | 10:44 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

正しい手の洗い方

どうやら関東方面で、インフルエンザが本格的な流行を始めたようですね。

感染を未然に防ぐには、日常的なうがい、手洗いが効果的です。
でも正しい手洗いの仕方を知らなければ、せっかくの効果も半減してしまいますよね。
そこで、正しい手の洗い方です。参考にしてください。


あと、加湿器や濡れタオルで部屋を乾燥させないことで、ウイルスの飛散を防げるそうです。

| 情報 | 11:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

デジカメ⇒ケータイ待受画像

ケータイで撮った写真を、待ち受け画像に設定することってありませんか?
でも、ケータイのカメラは貧弱だし、手振れもよくするからうまく撮れないしなぁ、なんて思いませんか。

そして、デジカメで撮れた写真でいいのがあるから、それをケータイの待ち受けにしたいなぁ、待ち受けにしなくてもケータイに入れたいなぁ、と思うこともあるはずです。

そんな時はこのサイトを使ってください。
⇒携帯壁紙職人 画人(Gabito)

まず自分のパソコンにある『お気に入りの写真』をサイトに送って、自分のケータイの機種を選択して、トリミングや色の補正等をして、自分のケータイからその画像を撮りに行くわけです。
難しい操作はありませんし、使い方も見れば大体分かります。

お気に入りの一枚、ぜひケータイで持ち歩いてください。

| 情報 | 17:00 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サイト紹介『子どもの救急』

以前、救急電話相談という記事を書きました。ここで紹介したものは電話で病院に行ったほうがいいのかを相談できるものでしたが、同じようなことを調べることができるサイトがあります。

⇒こどもの救急

この『こどもの救急』は厚生労働省研究班/社団法人 日本小児科学会により監修されており、対象年齢は生後1カ月~6歳までの子ども。電話相談のように夜間や休日などの診療時間外に病院を受診するかどうか、判断の目安を提供しています。

使い方は簡単で子どもの症状をクリックしていくだけで、どのように対処すればよいのかを教えてくれます。

「電話で聞くのも大げさかも。。。」と考えることがあればこのようなサイトを利用するのも手ですね。

旭幼稚園ホームぺージ 10月の旭を更新しました。ご覧ください。
⇒10月の旭

| 情報 | 12:34 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT